株式会社黒須印刷

〒300-1233 茨城県牛久市栄町3-52

TEL.029-873-0605

Adobe イラストレーター

 Adobe イラストレーターは印刷物の制作に適したアプリケーションで、印刷業界では標準的なアプリケーションの一つです。当社ではCS5までのバージョンに対応しております。(Windows、MaxOS Xともに)
 イラストレーターデータの注意点などをCS5で解説いたします。



ドキュメントのカラーモード

「ファイル」>「ドキュメントのカラーモード」>「YMCKカラー」をチェックします。
 ドキュメント内のカラー指定は「カラーパレット」で「YMCK」をチェックしカラーの指定を行なって下さい。
 1色刷り(特色1刷りの場合も)の印刷物の場合は、「グレー」を使用してカラーの指定を行なって下さい。 (印刷入稿時には刷り色の指定をDICカラー等でご指定下さい。)


トンボ

 「環境設定」>「一般」で「日本式トンボ」にチェックがあることを確認します。
 仕上がりサイズの長方形を塗り、線ともにカラーなしので作ります。長方形を選択した状態で、「オブジェクト」>「トリムマークを作成」でトンボができます。

 

塗り足し

 印刷の仕上がり時に紙の端まで、絵柄や地色を印刷したい場合、入稿用データでは仕上がり位置より外側(通常3mm)まで版を作っておく必要があります。

w30塗り足し

 

線の太さ、カラー

 線の太さは0.25ポイントを下限とし、線にカラーを指定して下さい。
 線のカラーなし、塗りにカラーを指定すると画面上では線が描画されますが、印刷時には不鮮明なものとなってしまいます。(または消えてしまう)

 

w30ライン設定 OK

w30ライン設定 NG

 

フォント

 すべてのフォントをアウトラインにして下さい。
 「選択」>「オブジェクト」>「テキストオブジェクト」、「書式」>「アウトラインを作成」とします。

 

  • ドキュメントが完成した段階で、別名で保存し入稿用データのみをアウトライン化し、アウトライン化しないファイルも残しておくと後々便利です。

 

w30フォントのアウトライン

  • テキストオブジェクトやレイヤーにロックが掛かっていると、上記の手順ではアウトライン化がもれてしまいます。「書式」>「フォント検索」を使って確認して下さい。下図のように「ドキュメン」の枠内にフォント名がある場合、アウトライン化されていないテキストが残っているということです。枠内が空白であることを確認して入稿して下さい。

 

画像の配置

 写真やイラストなどのビットマップ画像を配置する場合は、「ファイル」>「配置」、「リンク」にチェックをして行なって下さい。

 

配置ウインドウ

 

 また、入稿直前にすべての配置画像のリンクを確認して下さい。「リンク」パレットの「?」アイコンはリンクが切れていることを示しています。(この状態でも画面上では画像が表示されています。)リンクの再設定をして下さい。

 

リンクパレット  リンクの再設定

  • 入稿の際はイラストレーターのデータと共に、全ての配置画像データもご支給下さい。

レイヤー

 入稿時にはレイヤーは全て表示状態にして下さい。また印刷に使用しないレイヤーは必ず削除して下さい。
 全てのレイヤーを統合したうえで入稿されても結構です。

 

レイヤー

 

 

データ入稿で本の印刷をご検討の方は。

Menu

ページのトップへ戻る