株式会社黒須印刷

〒300-1233 茨城県牛久市栄町3-52

TEL.029-873-0605

Acrobatを使った入稿前のPDFチェック

 印刷原稿としてPDFは大変便利なデータ形式ですがその反面、入稿後に印刷会社が手直ししたり、変更することが安易にはできないというデメリットもあります。(制作データも合わせてご支給の場合は可能)Adobe Acrobat Proをお使いであれば入稿前に下記のチェックを行って頂くことをお勧めします。(Adobe Standard、Adobe Readerでは利用できません。)Mac OS版Adobe Acrobat X Proを使って解説します。

 

RGBオブジェクトを見つける『出力プレビュー』

 たくさんのオブジェクトが混在する紙面でRGBや特色オブジェク、オーバープリントのエラーを簡単に見つける方法をご紹介します。
 印刷で利用されるカラーモードは、カラー印刷の場合は「CMYK」、モノクロ印刷の場合は「グレースケール」が一般的で、それ以外のカラーモードのオブジェクトが存在すると出力エラーになったり、その部分が印刷されないなどの思わぬトラブルになります。入稿前に入念なチェックが必要です。

1.制作したPDFをAcrobatで開く

 制作したPDFをAdobe Acrobat で開き、「表示」>「ツール」>「印刷工程」を選択します。

Acrobat 出力プレビュー-1

 

2.「出力プレビュー」を選択

 ウインドウ右側にサイドメニューが表示されます。「出力プレビュー」をクリックします。

Acrobat 出力プレビュー-2

 

3.オーバープリントを確認

 出力プレビューの設定ウインドウが開きます。右上のシュミレーションプロファイル:「Japan Color 2001 Coated」を選択します。「オーバープリントをシュミレート」のチェックが入っていることを確認します。意図しないオーバープリントが設定されていると、この段階で画面左側のプレビューに変化があるはずです。このサンプルでは、タイトルのバック左側の模様、写真の中の白い文字、緑の四角形にオーバープリントが設定されており下図の結果になりました。
 この現象は通常のカラープリンターでは確認できませんが、カラー印刷の場合、版を作る「色分解」という工程でこのような出力結果になってしまいます。
 意図せぬオーバープリントは、制作アプリケーションにもどって訂正してください。

Acrobat 出力プレビュー-3

 

4.YMCK以外のオブジェクトを確認する

 表示:「デイバイスYMCKでない」を選択します。「色分解」の中の赤い破線で囲んだ項目がエラーになります。(通常のカラー印刷場合)左側のプレビューでも確認できます。色分解の方には表示されていませんが、右側の写真はRGMなのでこれもエラーとなります。※トンボも表示されていますが問題ありません。

Acrobat 出力プレビュー-4

 上記の例のようなCMYK以外のオブジェクトは、印刷されずに白く抜けてしまいます。やはり制作アプリケーションにもどっての修正が必要です。

 

カラーPDFをモノクロの変換『色を置換』

 カラーのPDFをモノクロ印刷(墨1色刷り)の原稿として入稿することは可能ですが、やはりモノクロのPDFで仕上がりのイメージを確認して入稿するのがベストです。
 Adobeの「色の置換」で、カラーのPDFを手軽にモノクロに変換することができます。

1.カラーのPDFをAcrobatで開く

 最初に変換しようとするPDFのバックアップ(複製)制作し「○○○ グレー.pdf」などとリネームしましょう。そのPDFを開き、「表示」>「ツール」>「印刷工程」を選択します。

カラーPDFをモノクロ変換1

 

2.色の置換を選択

 ウインドウ右側にサイドメニューが表示されます。「色の置換」をクリックします。

カラーPDFをモノクロ変換2

 

3.設定箇所

 「色を置換」オプションウインドウが開きます。「変換属性」内の「変換プロファイル」をクリックします。

カラーPDFをモノクロ変換3

 複数のプロファイルが表示されますが、「Dot Gain」や「Gray Gamma」などを選択するとPDFをモノクロ変換ができます。また、変換オプションの「黒を維持」にチェックを入れOKボタンをクリックします。
 「Dot Gain」は“%”の異なるプロファイルが用意されていますが、“%”の値が高いほど明るく変換されます。

カラーPDFをモノクロ変換4

4.変換

 以上でグレー変換完了です。変換後のグレーの濃度など確認してください。意図しない結果となった場合は、別のプロファイルを使用してみてください。

カラーPDFをモノクロ変換4

 次のような場合など注意必要です。例えば目立たせたいと思って赤くした文字がグレーになってしまい、逆に読みづらくなってしまったり、下の例のように水色や黄色だったところは、かなり薄いグレーになってしまいます。このような場合は、PDFを制作したアプリケーションに戻って訂正するなどの作業が必要です。

カラーPDFをモノクロ変換5

 

PDF入稿で本や書籍を印刷するにはこちらから。

  1. ホーム   >
  2. データ入稿ガイドライン   >
  3. Acrobatを使った入稿前のPDFチェック

 

Menu

ページのトップへ戻る