株式会社黒須印刷

〒300-1233 茨城県牛久市栄町3-52

TEL.029-873-0605

MS Office、一太郎などからのPDF作成
印刷原稿に適したPDF変換設定(Adobe Acrobat)

 PDFは使用目的によってさまざまな設定で書き出しを行うことができます。ここでは、印刷物の入稿に適した設定を解説します。Windows版 Adobe Acrobat 9 Standard(Adobe Distiier9.0)、OS Windows 7を例に解説します。Acrobat のバージョン、OSによって各選択項目や名称などが異なる場合があります。その場合は類似のものを選択して下さい。 ※この設定は当社への入稿時の推奨設定です。

1 元になる設定を選んで編集

 「コントロールパネル」>「デバイスとプリンター」から「Adobe PDF プリンター」のアイコンを 右クリックし「印刷設定」を選択し印刷設定ダイアログボックを表示させます。PDF設定を「高品質印刷」として編集ボタンをクリックします。(「高品質印刷」に変更を行い、最終的に別名で保存します。) 「システムのフォントのみ使用し〜」のチェックをはずしておきます。

pdf設定-01

 

2 一般設定

 左の設定項目「一般」が選択されていることを、確認して下さい。 互換性のある形式:「Acrobat 5.0(PDF 1.4)」を選択。(印刷業界で一般的なPDF X-1a形式の場合は「Acrobat 4.0(PDF 1.3)」を選択しますが、 Adobe Acrobat9 Standardでは選択できないようです。) 次に「画像」をクリックします。

pdf設定-02

 

3 画像の圧縮設定

 画像の解像度等の指定です。ダウンサンプルを「ダウンサンプル(バイキュービック法)」を選択。解像度をカラー画像 350 / 350ppi、グレースケール画像 350 / 350ppi、白黒画像 1200 / 1800ppiとします。 ドキュメントに使われている画像データが低解像度の場合、この設定でPDFに変換しても高精細な画像に変換されるわけではありません。 ドキュメントの制作段階で写真は300dpi程度(2階調の白黒画像は1200dpi)の解像度にして使用することお勧めします。

pdf設定-03

 

4 フォントの埋め込みを設定

 「すべてのフォントを埋め込む」、「サブセットの全フォントに対する割合」共にチェックします。「サブセットの全フォントに対する割合」は100%。

pdf設定-04

 

5 カラー設定

 カラー設定:「なし」、カラーマネージメントポリシー:「すべてYMCK色に変換」、文書のレンダリングインデント:「保存」、トランスファー関数が見つかった場合:「適用」とします。

pdf設定-05

 

6 詳細設定

 「オーバープリント設定を維持」にチェック、「OPIコメントを保存」をチェックなしです。

pdf設定-06

 

7 規格

 通常、印刷業界では「PDF/X-1a」が使われています。Windows版 Adobe Acrobat 9 StandardではX-1aは選択できないので、「なし」または、「PDF/A-1B」を選択します。  以上でPDF設定は終わりです。名前を付けて保存ボタンをクリックします。

pdf設定-07

 

 任意の名前を付けて保存します。

pdf設定-08

 

8 確認

 最初に表示させた「印刷設定」ダイアログボックスに戻り、「PDF設定」が保存した名前になっていることを確認します。  次に「用紙/品質」タブをクリックします。

pdf設定-09

 

9 目的に合わせてカラーを選択

 1色刷りの印刷用の入稿データは「白黒」を選択。アカ1色刷り等の場合も「白黒」を選択します。カラー印刷の場合は「カラー」です。 次に「詳細設定」ボタンをクリックします。

pdf設定-10

 

10 詳細設定

 TrueTypeフォントを「ソフトフォントとしてダウンロード」、PostScript出力オプションを「エラーが軽減するよう最適化」、TrueTypeフォント ダウンロード オプションを「アウトライン」としOKボタンをクリックます。「印刷設定」ダイアログボックスに戻りOKまたは適用ボタンをクリックして終了です。

pdf設定-11

 

Menu

ページのトップへ戻る