株式会社黒須印刷

〒300-1233 茨城県牛久市栄町3-52

TEL.029-873-0605

MS Office 2010、2007からのPDF変換

 Adobe AcrobatがなくてもMS Office 2007、2010ではPDFを作成できるようになりました。 MS Word 2010を使用して解説いたします。

1.選択画面

 「ファイル」>「保存と送信」>「PDF/XPSドキュメントの作成」をクリック。

PDF作成1

 

2.発行(保存)

 保存場所、ファイル名、ファイルの種類を指定します。

 ファイルの種類:PDF(*.pdf)、 最適化:「標準(オンライン発行および印刷)」を選択します。次にオプションボタンをクリックします。

PDF作成2

 

3.オプションの確認

 PDFオプション:「ISO 19005-1に準拠(PDF/A)」にチェックをOKボタンをクリックし、「発行」ウインドウにもどり、「発行」ボタンをクリックするとPDFが作成できます。

PDF作成3

 

4.確認

 次に出来上がったPDFを確認します。PDFを開き「ファイル」>「プロパティ」から「概要」タブで、ページサイズを確認して下さい。

PDF確認1


 次に「セキュリティ」タブですが、この項目はAdobe AcrobatとAdobe Readerでは表示される結果が変わってきます。 

 Adobe Acrobatでは「セキュリティ」タブで、セキュリティ方法:「セキュリティなし」。  文書に関する制限の概要では、各項目全て「許可」になっていることを確認します。

PDF確認2

 

 同じPDFをAdobe Readerで開いて確認すると、「文書のアセンブリ」の他、数項目が「許可しない」となりますが問題はありません。Adobe Reader自体がPDFに対して変更、書き込みができないためこのような表示になります。

PDF確認2-2

 

 「フォント」タブで、このドキュメントで使用されているフォント名が表示されます。全て「埋め込みサブセット」となっていることを確認します。埋め込みがなされていないフォントがあった場合、元のアプリケーション( ここではMS Word 2010)に戻ってフォントを指定し直します。(逆に使用しているはずのフォント名が表示されていない場合は、埋め込みができずに別のフォントに置き換わった可能性があります。PDFのページ画面で確認して下さい。)

PDF確認3

※「フォントの埋め込み」とは作成したPDFにフォント情報を埋め込み、そのフォントがインストールされていないPCで開いても表示、印刷を可能にすることです。

複写伝票の印刷をご検討の方はこちらを。

Menu

ページのトップへ戻る